study tables

tadahi関真奈美によるユニット。 2017年、言葉とイメージを巡る問題と、制作におけるシステマティックなプロセスなどに関心を持っていた2人が合流地点を見出し結成。同年7月に最初の展覧会「(real) time と study tables」を開催し、「リアルタイム」という言葉を巡って、現実と認識の確認作業(検証)を公開した。



これまでの活動

展覧会:2017年7月~8月「(real) time と study tables」